ejlog《一条工務店家づくりブログ》

一条工務店 i-smart家づくりのブログです。i-smart35坪 2018/12新築完成予です。家のこと、生活のことを主に書いています。

ejlog

一条工務店 アイスマート キッチンの微妙なところとおしゃれなデザイン案

どーも
エジパパです。

 

一条工務店 i-smart(アイスマート)のキッチンと言えば
スマートキッチン

 

スマートキッチンの形、色の紹介。
微妙なところ。
おしゃれにする方法。
紹介をしていこうと思います。

 

 

スマートキッチンの形、色

キッチンの形

大きく分けて3つの形に分かれます。

・スリムカウンター(奥行がなく一番シンプルで安い)

・ワイドカウンター(奥行があり作業スペースが広い)

・ステップカウンター(奥行があるけど一段下がっていて机の代わりになる)

 

そこからダイニング側の引き出しがあるorなしの2パターンに分かれます。
引き出しの収納部はとても広く便利そうだと感じました。

その代わりに引き出しありを選択すると人が座れるスペースは2人分になってしまうのが難点です。f:id:ejiejikun:20180311063021j:plain

キッチンの色

色は4色です。
この写真ではわかりにくいのですが、光沢があり高級感のある見た目です。

f:id:ejiejikun:20180311063018j:plain

天板の種類

人工大理石御影石の2種類になっています。

人工大理石は純白の白だけです。

御影石は3色あります。こちらはオプションです。

オプション価格はスリムカウンターで10万円

ワイド、ステップカウンターで15万円になります。

f:id:ejiejikun:20180311063024j:plain

 シンクの種類

シンクはステンレス樹脂の2種類です。

御影石を選ぶとステンレスしか選べなくなります。
人工大理石は両方選択できます。


樹脂シンクの良いところは天板とシンクの継ぎ目がなく見た目が綺麗なところです。

それに継ぎ目がない分掃除も楽そうだなと思いました。

f:id:ejiejikun:20180311070942j:plain

 

微妙なところ

全体的にすごく高級感がありおしゃれで良いキッチンなのですが、
細かなこだわりが全然採用できないところだと思います。

 

我が家の微妙だなと思ったところは

カウンターの引き出しです。


ボクたちはどちらかというと人が座るのをメインに考えていました。
けど引き出しの収納も欲しい。
じゃあ引き出しは片方だけとなるのですが、そんな細かいことは一条工務店では出来ませんでした。

 

次は

パントリーの扉です。

カップボードと横並びだしパントリーの扉の色は同じ白だなと思っていました。

(我が家はキッチンは白を選択しています)

 

www.ejlog.jp

 

そうするとパントリー(収納)扉は他の扉で採用している色味になっているのです。
他の扉は木目調の色味を採用していました。

 

おしゃれなデザイン案

 打ち合わせを進めていく中でおしゃれな案が設計の方から出てきたので紹介したいと思います。

 

アイランド型キッチンにすることにより換気扇の配管が天井を通るために一部天井が下がります。(一条仕様)
その一部下がる天井のクロスの色を替えてアクセントにするのです。

 

デザインイメージ画像(他サイトからお借りしています)

f:id:ejiejikun:20180312053752p:plain

参照:http://www.polus-kodate.com/newsrelease/detail.htmpid=NRR2017200169

 

参照:http://cleverly-home-okayamahigashi.blog.jp/archives/2015-05-15.html

f:id:ejiejikun:20180312054302p:plain

参照:https://www.town-life.jp/home/casedetail2730.html#prettyPhoto

 

こんなデザイン案まったく自分の頭の中になかったので
設計の方に教えていただいて嬉しかったです。

 

キッチンにはこだわりたいと思っていたのでこれはかなりお気に入りになりそうです。

 

アイスマートはみんな似たような家になってしまうので
こんな個性の出し方で差をつけるのはかなり大事と感じます。

 

まとめ

細かい変更が出来ないのは一条工務店の欠点だと思います。

 

地元工務店だったら扉なんて一枚一枚色変えられる
カウンター下の引き出しなんて余裕で片方だけに出来る

 

こだわりの強い人は一条工務店の家は合わないだろうと思いました。