ejlog《一条工務店家づくりブログ》

一条工務店 i-smart家づくりのブログです。i-smart35坪 2018/12新築完成予です。家のこと、生活のことを主に書いています。

ejlog

一条工務店の太陽光発電の耐久性ってどうなの?

f:id:ejiejikun:20180226231344j:plain

ソーラーパネルは15年経つと劣化して発電しなくなる、交換する前に設置費用は取り返せない」ということを言われました。
もし15年で劣化して発電しなくなると確実に損します。

 

ソーラーパネルって20~30年はもつはずなのに。

ということで
太陽光発電の耐久性のことを調べたのでまとめました。

 

 

ソーラーパネルの耐久性は?

いろいろと調べましたが
ソーラーパネルの耐用年数は15年以上は余裕で大丈夫です。

なんでも太陽光発電の歴史が浅く、何年使えるかという事例が少ないので、
はっきりとは分からないそうです。

ですが30年以上問題なく稼働しているところもあるみたいです。

 

そもそもソーラーパネルの保証期間は長い

各メーカーが出しているパネルの保証期間は約20年。
長いところだと保証期間25年もあるんです。

 

メーカー保証20年って10年15年で壊れる気がしないですよね。
だいたい家電とかだって保証期間内に壊れることほとんどないですし。

発電効率はだんだん落ちるみたいですが。
1年で発電効率1%ほど悪くなると多く書かれていました。

 

ソーラーパネル自体の耐久性はそこまで心配することはなさそうです。
設置費用回収する年月ぐらいは大丈夫だと判断しました。

 屋根としての耐久性は?

一条工務店太陽光発電屋根一体型になっています。


屋根構造を教えてもらうと、ソーラーパネルの下はアスファルトルーフィングという防水性の高いシートを貼ってある下地材となっています。

 

ソーラーパネルで紫外線や風雨を凌ぎ
アスファルトルーフィングで雨漏れしないようにしているそうです。

 

アスファルトルーフィングとは、アスファルトに合成ゴムや合成樹脂などを混ぜて作られた基材。

 

屋根のほとんどがパネルが敷き詰められているのでパネルとパネルの隙間から雨水が進入しても、屋根下地材にかかるのは少しだけなのでアスファルトルーフィングの劣化も少なそうだなと思いました。

 

しかもアスファルトルーフィングというのは柔軟性があり
釘を刺したところからも水の漏れが少ないそうです。

 

パネル自体もガラスで出来ていて塗り替えのメンテナンスもいらないので
屋根材としての耐久性は良いのではないかと思いました。

 

屋根下地材のメンテナンス等は一条工務店ではしていないと営業の方から聞きました。

最後に

屋根一体型ソーラーパネル一条工務店の家が出来てから
そこまで年数が経っていないので問題が浮いて来ていないですが


これから10年20年としたら不具合が出て来たりするのだろうなと思います。

 

営業さんに確認したところ
ソーラーパネルの交換はできるようになっているみたいです。